カテゴリ:MBA( 35 )

アプリカント

授業のために駐車場から教室に向かっていると、MBAアドミッションズ・オフィスのクリスが話しかけてきた。日本人のアプリカントが面接に来ているので休み時間にでもラウンジに寄ってみてほしいとのこと。

非常に短い時間ではあったが、今週からダーラムを含め数校を訪問される予定というアプリカントの方と話をすることができた。

自分が学校選びをしていた頃を思い出し、時が過ぎることの早さを感じた。

きっと、あっという間に帰国となり、再び仕事を始めることになるのだろう。
[PR]
by durhammba | 2005-02-07 18:17 | MBA

久しぶりの学校

今日は登録した選択科目の一つがスタートする日ということで、久しぶりに朝9時前に学校に到着。なんとか間に合うように起きることができ、渋滞も気になるほどでなくてよかった。

体調はまだ完璧とはいえないのでやや不安はあったが、とりあえず大丈夫そうだ。

クラスメートと久しぶりの再会(といっても1週間ぶり)ということで、

「良くなったか?」、「生きてたか?」、「晩飯の誘い(招待)をまた逃したな!」

等々言われながら、それぞれに対して一通りの説明を繰り返した。


授業はフルタイム学生とパートタイム学生のジョイント・クラスで、合計20名弱。授業を受けるには程よいサイズではなかろうか。
Treasury Management & Capital Marketsという科目で、次回からは具体的な内容に入っていくようなので楽しみだ。



BSEの牛を食べると感染するとされる「変異型ヤコブ病」という病気で、日本人男性が亡くなったという記事を読んだ。感染者の献血した血液で感染する可能性があるため、厚生労働省は、これまでヨーロッパに6ヶ月以上滞在した人からの献血を受け付けなかった制限を、イギリスに限って「1ヶ月以上」に変えることにした模様。
感染者の多くはイギリス人かイギリス滞在経験者のようだ。

最近では食べることがなくなったが、こちらに来て牛肉を食べていたことがあるだけになんとなく嫌なニュースだったので紹介させてもらった。ただ、自分がこれまでに食べた量くらいで不安になるんだったら、もうイギリス人のほとんどが感染してるはずだよなー、などとも思ったりして。
[PR]
by durhammba | 2005-02-04 18:02 | MBA

Fahrenheit9/11~やってもうた

今日は一日、ゲストスピーカーによる講義の日だった。

軽妙なトークと自分をネタにしたギャグで時間がたつのは早かったが、内容はというと、いまいちだったような。ネット社会でのセキュリティーに関するお話。

昼休み中には、先日発表されたFTのMBAランキングに関して、ビジネススクールのトップが説明(言い訳?)にやってきた。"我々は頑張っている(ジャパニーズ"カイゼン"だくらいの勢いで)。ランキングを構成するそれぞれのカテゴリーを見てほしい。また、ランキングを上げていくには君たちの協力が必要だ"などと。その頑張りが、我々現MBA学生に伝わってきていないところが問題ではなかろうか。(それを感じていないのは自分だけかもしれないが。) 期待を込めていうなら、それらが次のダーラムMBA学生たちのメリットになっていくのであればそれでもよしとして良かろう。


今晩はFahrenheit9/11がテレビでオンエアされる日だったので、週初から要チェックだと思いスタート10分ぐらい前にはテレビの前でワイングラスを傾けながら待機していたのだが、見始めてから1時間経ったくらいで寝てしまった。気付いたときには既に終わっており、訳の分からない番組が流れていた。期待していただけに残念!
[PR]
by durhammba | 2005-01-27 23:56 | MBA

選択科目スタート

今日から選択科目がスタートした。

前のセメスターはコアの6科目を必修として勉強したが、このセメスターからは全部で6科目の選択科目を履修することになる。イースター休暇前と後で3科目ずつ履修するのが一般的なパターン。一回目の授業の後にのみ他の科目に変更することも可能になっている。

今日の科目は早速変更することになりそうだ。選択科目ということで、特定の分野を深く勉強できたらと思っていたのだが、深くやるというよりもむしろ幅広くやるといった感じでしかも興味のあるエリアはあまりカバーされない模様。"MBA"というだけに仕方のないことか。


友人から気の毒なメールをもらった。

自分がもし今彼の立場に置かれたとしても、彼とまったく同じ気持ちになるであろう。後悔の気持ちを乗り越えて、時が解決するのを待つということになるのだと思う。頑張れ。
[PR]
by durhammba | 2005-01-26 23:52 | MBA

マンダリン

今日から再び、週1回の中国語の授業が始まった。約1ヶ月半ぶりの再開ということで、実質的に"ゼロからのスタート"といった感じになってしまった。いつも思うのだが、中国語を勉強するなら、やはり英語ではなく日本語で学んだほうが理解が全然違うはず。漢字を一目見ただけで、それまで難解だった文章や会話がすんなり頭に入ってくることが多いし。

そうはいってもやるしかないか。


明天见
[PR]
by durhammba | 2005-01-25 23:54 | MBA