提出期限

1stセメスターから続いている必修科目の一つで修士論文作成に向けての授業があった。

修士論文は従来のアカデミックなスタイル加え、ビジネスプロジェクトといって実在の会社とプロジェクトを行うスタイルの2つがある。いずれを選択するにしても、どのような内容でどのように論文を作成していくか、またそのmethodologyを示すためのアサインメントがこの科目の課題になっている。

今日このアサインメントの提出期限を1ヶ月ほど延ばしてもよい(4月初旬→5月初旬)というアナウンスがあったのだが、それについてはクラス全員の了承を得ることとの条件が付いていた。

授業の合間に全体でミーティングをしたのだが、この話がどうもスムーズに進まない。。。

自分としては何の問題もないし、より多くリサーチをする時間が作れるのでむしろ大歓迎。不満がある輩だけは従来のスケジュール通りに提出すれば済むだけの話。

こんなところで敢えて反対の自己主張をする必要ないと思うんだけど。。。


実際にどうなるかは来週中には判明する。
[PR]
# by durhammba | 2005-03-03 23:34 | MBA

mobile shop

韓国の食材を売るmobile shopが月1回だけ学校の寮までやってくる。

今日がその日で、キムチと辛ラーメン(そのまま辛いラーメン)、冷凍餃子などを購入。冷凍餃子は購入予定ではなかったのだが、一緒にいた韓国人の友人がサッと取ったのを見て釣られてみた。その友人は眞露2本もお買い上げ。イースター休暇中は帰国するので今回は少なめにしておいたとのことだった。

基本は食材中心なのだがこの店はいろんなものを売っている。また頼んでおけば何でも持ってきてくれそうな勢いだ。一応リストがあるのだが、こんなものまで!?と言いたくなるようなものもそれには載っているのだ。。。
[PR]
# by durhammba | 2005-03-02 21:56 | 生活

紹介

今日は2つご紹介。

その1
興味深いブログを見つけた。

その名も「実録鬼嫁日記」。

ちなみにサブタイトルは、
"理不尽な鬼嫁に苦悩する毎日を日記で紹介。好きな言葉は「苦痛を笑いに・・・」"。

久しぶりに読み物で笑ってしまった。と同時に奥が深いなあ~と。。。


その2
アディダス社のCMで気に入ったフレーズがあった。
(以下引用)

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。

「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。

「不可能」とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。

「不可能」とは、誰かに決めつけられることではない。

「不可能」とは、可能性だ。

「不可能」なんて、ありえない。

IMPOSSIBLE IS NOTHING.

[PR]
# by durhammba | 2005-02-28 21:57 | 生活

Franky's birthday

昨晩の話。

何日か前にクラスメートのフランク(ドイツ人)から、"もしよかったら2月24日夜カレッジのパブで飲まないか?"との内容でメールをもらっていた。

彼とは昨年9月のMBA初日にブラッド(南アフリカ人)と3人で街のパブに行き語り合って以来仲良くしている。

フランクはレガッタチームの取り纏めをしているのでてっきりそのミーティングだと思ってカレッジのパブに向かった。

現場に到着してその飲み会の趣旨が判明。24日は彼の31回目の誕生日だったのだ。

クラスメートや彼の寮仲間など総勢25人程度でのバースデーパーティーは午前1時過ぎまで続いた。
[PR]
# by durhammba | 2005-02-25 22:31 | MBA

Regatta

ここのところ毎日のように雪が降っている。

朝9時スタートの授業にむかうため家を出ると、まだ車道にもかなり雪が残っており学校まではいつもの倍くらい時間がかかってしまった。(通常なら車で10分程度)

タイヤを交換しておいてよかった(磨耗していたこともあり、先月に前タイヤを2本とも新品に換えていた)。
学校周辺は超徐行運転だったものの問題なくたどり着くことができ一安心。


ところで、今年の夏は
Cranfield Business School のMBA学生がホストを務める
"第14回 International Business Schools Regatta 2005" (2005年7月8~10日開催) に Durham MBA Regatta Team のメンバーとして参加予定である。Regattaといってもいわゆるヨットレースのこと。20校以上のヨーロッパのビジネススクールが参加するようだ。

自分はこれまでヨットにも乗ったことがないまったくの初心者なのだが、この経験は今しかできないと思ったこと、networking(学内・外ともに)、ダーラム大学のレガッタ部の練習に参加させてもらい本番までには海に出てsailing練習も行う、ということなどからやってみようと思ったのである。

実際には、修士論文作成期間中の開催であることやスポンサー集めをやらなければならないなどなかなか大変であるが、きっといい思い出になるはずだ。
[PR]
# by durhammba | 2005-02-23 21:01 | MBA

雪 降り続く

c0040827_2032123.jpg昨晩また降ったみたいで今朝はさらに雪が積もっていた。今は15cmくらいといったところ。

現在も断続的に降っている。

この悪天候により、今日予定されていたベンチャー・キャピタリストによる特別講義は延期になった。


写真は自宅の部屋から。
[PR]
# by durhammba | 2005-02-21 11:33 | 生活

春は未だ だった

雪。。。

積もっている。7~8cmくらいにはなっているだろうか。
この冬初めての"大雪"である。

やはり春は未だ遠そうだ。


昨晩は我が家にて、韓国人および香港人姉妹を招いて4人でのパーティー(食事会)。
急なことだったので何も考えておらず、結局お約束の"カレー"を作った。

が、敢え無く失敗。

水の量が多かったらしく、まるで"カレースープ"のようになってしまった。

一方で、香港人姉妹が作った"鶏肉と白菜の炒め物"ともう一品(何だか分からず食べていた)は非常に美味しかった。
スティーブン(韓国人)は最近少々疲れ気味ということで手ぶらでの参加を許可した。

御開きは午前2時ごろ。いろんなことが話せたし楽しい食事会となった。

学校の寮までみんなを送っていったときには雪はまだ降っていなかったんだけど。。。
[PR]
# by durhammba | 2005-02-20 18:40 | 生活

春は未だか?

最近、通学中に花が咲いているのを何度が見かけたこともあって、春は少しずつ近づいてきているのだなと思い始めていたところ、今日は小雪がちらついていた。

春まではまだ遠そうだ。

しかしながら、天気のいいときの日差しは、アサインメントやテストに追われていた時期(先月・先々月)よりも確実に強くなってきている気がする。(期待を込めつつ。)

イギリス人が太陽を恋しがる気持ちが少しは分かってきた。(つもり。)



そろそろイースターに向けてアサインメントを始めださなければ・・・。
[PR]
# by durhammba | 2005-02-19 15:04 | 生活

インド人

丸一日コーポレート・ファイナンスの授業。

イタリア人の教授(彼女はMBA(Finance)のディレクターである)に替わり、午後のコマからカナダの大学で教えているというインド人の教授になった。

今日はベンチャーキャピタルについての講義で、興味があるためか時間が経つのがとても早かった。


授業の後、クラスメートのロヒ(インド人)を駅まで連れて行く。今週末に奥さんに会いにLeedsまで行くので早割り切符を買いたいとのことだった。彼ら夫婦はふたりともSEで、奥さんは最近、Leedsで仕事を始めたようだ。会社からかなりの補助が出ているらしく、500ポンド/週の家賃も会社が支払っていると言っていた。

それって自分の家賃の1ヶ月分以上なんだけど。。。
[PR]
# by durhammba | 2005-02-17 20:18 | MBA

Managing (Damaging?) People

昨日の表彰式の後、ビジネススクールのラウンジにて軽食とワイン、バーオープン後はビールでクラスメートたちと談笑。(ダーラム大学の各カレッジにそれぞれパブがあるように、ビジネススクールの中にもバーがある。)

このセメスターは1stセメスターとは一転して、違う選択科目を履修していると全然会わない仲間が出てくる。久しぶりにほぼ全員が揃ったので、さながら近況報告会といった感じになった。

そこで耳にしたのだが、コア科目の一つだった"Managing People"で10人程度(61人中)は単位を落としている模様。自分もこの科目に関してはテスト前からとても不安だったが結果としてはクリア。だからクラスメートたちもそんなものなのだろうと思っていたのだがやや状況は違いそうだ。


救済措置として夏に追試があり、それをクリアすれば単位取得となる。
[PR]
# by durhammba | 2005-02-16 16:39 | MBA